商材購入でオリジナル豪華特典をプレゼント!特典の種類はこちら!

キュービテックは詐欺なのか投資対象なのか

キュービテック
スポンサーリンク

キュービテックは量子技術を取り入れたクオンツファンド

 

キュービテックは詐欺で飛ぶ可能性があるのか?

キュービテックは安全な投資案件なのか?

いろいろ調べてみました。

 

QubitTechは、日本ではまだまだまったく知られていません。

よって海外の情報を駆使して調べなければいけません。

 

これがもし本物なら!?

 

今から参加する人はとんでもない先行有利権を手にすることと同じです!

さあ、どんな会社で仕組みなのか?

 

 

会社情報としては、

QubitTechは、資産管理のアルゴリズムと手動による方法を専門とする独立した専門家のグループと、電子システムの開発と管理の分野で認められた専門家によって作成されました。

彼らの全員は、伝統的な金融市場で幅広い経験を持っています。

 

QubitTechの主な目標は、個人投資家に暗号通貨資産を投資して安定した収入を得る効果的な方法を提供することです。

当社のパートナーは、量子コンピューティングの分野で特許を取得しており、仮想通貨市場でQubit Techによって使用されています。

私たちは、量子テクノロジーに投資している最大のファンドの1つに支えられています。

同社は、我々の開発をサポートするために内部テクノロジーを提供してくれます。

注目材料としては、

2035年までに、量子テクノロジー市場は1兆ドルに達すると予測されています

 

和訳するのでちょっと微妙な感じもありますが、量子テクノロジーがキーワードになっています。

 

まず、用語を確認しておきます。

 

クオンツファンドとは、定量分析を基本として運用を行なう投資信託のことで、一般に定量分析、そしてクオンツファンドの運用にはコンピューターが利用されます。

投資判断を人が行なうのではなく、コンピューターが行なうわけです。

 

では海外記事で見かけた内容を抜粋します。

 

キュービテックは、従来の資産市場とデジタル資産市場の両方で10年以上の経験を持つ、資産管理分野の経験豊富な専門家のグループによって代表されるクオンツファンド。

キュービテックは、最先端のテクノロジーに触発された会社。

キュービテックは、ブロックチェーンのテクノロジーがインターネットの大量採用後の次の大きなものになると信じており、暗号通貨は単なる投機的な資産よりもはるかに大きくなる。

今日の時点で、暗号通貨市場により、キュービテックは、スマートアルゴリズムトレーディングシステム、次のレベルのデータ分析および量子技術の適用を通じて、従来の市場での運用に匹敵しない利益を生み出すことができる。

 

キュービテックはクオンツファンドであるということ。

さらに最先端のテクノロジーの「量子技術」と「ブロックチェーン」を利用しているというところに注目すべきです。

 

 

クオンツファンドは昨今、めざましい発展を見せています。

トレーダーがいらなくなるという状況ですね。

 

キュービテックは市場分析やアルゴリズムに量子技術を取り入れているということなので恐ろしい力を秘めていると言えます。

 

キュービテックの量子技術の応用は、量子技術を研究している Toridion という企業と提携しているため利用できます。

この Toridion の量子技術に関する研究技術はキュービテックのほかに amazon, IBM, Tesla, SpaceX などの大手IT企業も利用しているそうです。

 

また、キュービテックは Toridion のメンバーも在籍しており、量子技術の特許も取得しています。

 

 

いろいろ難しい文言が続きますが、この辺りを別で調べると以下のような内容が出てきました。

 

キュービテックはToridion社と有益なパートナーシップを結ぶことによってすでに量子テクノロジーの利点を利用しており、また量子技術の社会競争においてもすでにリード。

キュービテックの取引アルゴリズムは、Toridionの革新的な量子ニューラルネットワーク(TQNN)を最初に採用したもので、これは、物理学およびシステム理論における重ね合わせの原理、エンタングルメント(二つ以上の離れた間に見られる量子力学特有の相関)、量子情報理論の原理を使用した従来のニューラルネットワーク(NN)よりもはるかに強力な仕組み。

この実現により、キュービテックトレーディングロボットの人工知能が市場に反応して適応し、パターンを学習し、戦略を調整し、ストラテジーを作成するための大きな一歩を踏み出すことができるようになった。

 

 

「人工知能がすごい」「AIが仕事を奪う」などと騒がれていますが、量子技術を用いることで人工知能をはるかに超えた量子人工知能(量子ニューラルネットワーク)が完成したということです。

最近は、ウェルスナビやテオなどの一般的な人工知能による自動取引などが有名になってきましたが、それらをはるかに上回る量子人工知能による自動取引が実現できたということです。

 

これが事実だとすると、恐ろしい現実がここで始まっていることになります。

 

量子技術のすごさは処理能力の速さ、従来のパソコンと量子コンピューターが処理能力で対決したときに圧倒的速さで負けます。

瞬殺です。

 

これを投資分野で行っているわけです。

 

 

キュービテックのホワイトペーパーのロードマップから見た将来を分析します。

ホワイトペーパーPDF:https://qubittech.jp/page-white-paper

CEOは過去に仮想通貨のICOを2回成功させており、プロジェクトなどもしっかり開発してきた経験があります。

キュービテックのロードマップを見て気づくのは、現在キュービテックはこの金融商品とMLMLスキームを利用してユーザーを集めている段階ということです。

将来的には仮想通貨エコシステムの構築を目指しているようです。

 

仮想通貨エコシステムとは、その企業または団体などの仮想通貨のコイン(トークン)を用いて、決済システム、ゲーム、デジタルバンクなどの様々なプラットフォームという感じでしょうか。

 

身近なエコシステムで言えば、決済システムのペイパル、SNSのフェイスブックなどです。

 

仮想通貨エコシステムの構築を目指すプロジェクトは世界にいろいろあります。

このエコシステムの構築を目指してプロジェクトが完成してもユーザーが集まらなければまったく意味がありません。

 

それを国内の最近の例で見てみると、

LINEなんかはとてもいい例で今では日本人のほぼすべてが利用しています。

よく似たサービスもありましたが、淘汰されましたね。

 

最近では「なんとかペイ」の争いが記憶に新しいですね。

キャンペーンばかりで利用者も困ったはずです。

 

これはエコシステムの構築を目指してとにかくユーザー集めに必死でした。

そこで莫大なお金をかけたペイペイが1位のシェアをとったわけです。

 

エコシステムを構築すると企業同士で協業できたり独自で様々なビジネスに展開できたりと多くのメリットがあります。

 

リップル社など仮想通貨を発行している多くの企業や団体はエコシステムの構築を目指しているのも頷けます。

 

このようにエコシステムの構築でいちばんの重要なのはユーザーの獲得です。

 

 

キュービテックの主な目標は、プラットフォームの時価総額100億USDTに到達し、2025年までにユーザーベースを10,000,000ユーザー以上に増やすことです。

 

キュービテックはMLMスキームを用いて時価総額1兆円規模と、1000万人を目指しています。

 

キュービテックは将来的に決済システムなデジタル銀行の金融系エコシステムの構築を目指しています。

 

キュービテックのロードマップ

2020年第3四半期

・アフィリエイトプログラムの立ち上げ(完了)

・キュービテックと監査会社の間の監査契約に署名する(完了)

・キュービテックと保険会社の間で保険契約を結ぶ(完了)

2020年第4四半期

・キュービテックの公式リリース

・キュービテッククライアントオフィスを開設

・10以上のパートナーオフィスを開設

 

2021年第1四半期

・キュービテックブロックチェーン開発プロセスの立ち上げ

・開発者チームとポスト量子暗号学者との現在の世代のブロックチェーンテクノロジーの量子耐性方法論の概要

 

2021年第2四半期

・Qubit Stable Token(QST)の実装

 

2021年第3四半期

・Qubit Dynamic Token(QDT)の実装

 

2021年第4四半期

・QDT プルーフ・オブ・ステーク(POS)コンセンサスアルゴリズム開発プロセスの立ち上げ

 

2022年第3四半期

・キュービテックブロックチェーンに基づく金融サービスと商品を提供するQubit Tech金融エコシステムの開発

・キュービテックブロックチェーンに基づく独自の支払いシステムの開発

 

2023年第1四半期

・デジタルバンクを開設するための関連する法的および規制文書の準備

 

2024年第1四半期

・キュービテックブロックチェーンに基づくキュービテック仮想通貨銀行の立ち上げ

・キュービテックブロックチェーンに基づくキュービテック独自の支払いシステムの立ち上げ

 

ロードマップは現在時点でここまでです。

 

来月の9月にキュービテックの正式なプロモーションが開かれるようです。

 

このキュービテックは、誰かに勧誘されたわけではなく、PGAの運用以外に何かないか?

というところから始まっています。

PGA内でも金の運用が始まったりしていろいろ動きがあります。

運用はしていますが、正直100%信頼信用しているわけではありません。

ですので、

PGAに全力投球するよりも他の優れた案件があるなら、そっちにも運用の幅を広げておいた方がいろいろな意味で安全かなと思っているわけです。

200万円PGAで運用するよりも、100万円はPGAで、残りの100万円はキュービテックで!というイメージです。

まあ大きく考えればポートフォリオです。

 

今後このキュービテックが日本で広まり始めたら、すぐさま「詐欺」というレッテルが貼られると思いますが、憶測の悪評には騙されずに中身をよく見る必要があります。

 

ちなみにすでに登録はしています。

登録していろいろ参加してから中身を分析中です。

 

キュービテックの疑問 よくある質問まとめ

 

キュービテックの登録方法

 

当ブログ限定 キュービテック登録特典

当ブログから登録された方に特典をプレゼントします!

特典内容
誰でも簡単に紹介者を付ける画期的方法!
紹介者を獲得しての報酬はやはり魅力です。
でもその紹介者を見つけるのが難しいのが現実。
ツイッターでもブログでもなかなか集まらない。
そのような場合でも、自分ですぐに紹介者を出すことが出来ます。

しかし、ここからが本当の特典!
実はその紹介者がどのように運用するかで報酬額が変わってきます。
それを上手に自分でコントロールする方法を伝授します!
キュービテックのアフィリエイトプログラムを徹底的に調べて編み出した極秘情報です。
私自身も実践中のあまり知られたくない情報となっています。

最後におまけ特典
キュービテックの特徴を生かした集客方法も最後にお伝えしています。

特典のお渡しは、登録後に入金し運用を開始してからとなります。

運用を開始されましたら、
「お問い合わせ」より、下記内容をお知らせください。

メッセージ本文に

キュービテックの運用開始
登録名(アルファベット) 

の2点をご記入ください。
確認でき次第、特典を送信いたします。

もちろん紹介者も皆さんの下に付けていきます!

キュービテックの入金方法と運用方法を詳しく解説

 

キュービテック報酬の出金方法と出金制限や手数料

 

キュービテックのアフィリエイトプログラムの解説

 
 
タイトルとURLをコピーしました