商材購入でオリジナル豪華特典をプレゼント!特典の種類はこちら!

1週間で10万円稼げる無料EA自動売買

日経225CFD自動売買
スポンサーリンク

日経225CFDの自動売買 検証成績

 

海外口座を開設しMT4で無料EAを稼働させ、日経225CFDの自動売買を行っています。

 

「下がれば必ず戻る」と言われている日経225を取引し、難しい手動設定の必要のないEAを使って自動売買を実施中。

 

 

100円間隔の攻める口座(攻めるA口座) 週間成績

 

100円間隔の攻める口座(攻めるA口座) 単位:円

週間成績

5,000

月間成績

18,510

年間成績

18,510

※2019年9月1日スタート

 

 

 

100円間隔の守る口座(守るB口座) 週間成績

0円なので成績画像無し

 

100円間隔の守る口座(守るB口座) 単位:円

週間成績

月間成績

3,000

年間成績

3,000

※2019年9月1日スタート

 

下がれば買う手法です。

よって、上昇が続く相場ですので、守る口座では取引はありませんでした。

こういった方が安心できる方もいますので、攻めるよりは守りたい方用の手法です。

ゆったり構える手法。

 

攻めるほうは大きな下落というリスクを考えながらも、上昇が続く相場でもポジションを取りに行く手法。

今週も攻めまして、5,000円の利益となっています。

 

 

 

 

 

50円間隔の果敢に攻める100lot実験口座 週間成績

 

50円間隔の果敢に攻める100lot実験口座 単位:円

週間成績

100,000

月間成績

325,100

年間成績

325,100

※2019年9月1日スタート

 

ロットは100。

これを10ロットで行えばリスクは10分の1.

必要資金もぐんと少なくて済みますし、利益も50円間隔で積み重ねることができます。

利益を考えるのも簡単で、上記の成績の10分の1です。

 

10ロットでは、

今週は、10,000円。

月間では、32,510円です。

 

100円間隔で攻める設定より、利益率は上をいきます。

こういった設定は、運用資金と相談です。

いろいろ試すことができるMT4で行う日経225CFDの自動売買です。

 

 

日経225CFDの自動売買は、先物で行うことをお勧めしていますが、現物で行うと実際どうなるのか、を机上の計算ではなく、実際に動かして検証しています。

現物は、マイナススワップが付きます。

それが、収益にどう影響するかですね。

 

JP225Cash現物の50円間隔の攻める実験口座 週間成績

JP225Cash現物の50円間隔の攻める実験口座 単位:円

週間成績

11,784

月間成績

26,164

年間成績

26,164

※2019年9月9日スタート 他より1週間遅れです。

 

 

今のところは、含み損や証拠金の心配なく運用できています。

 

守る口座では、上昇が続く相場の場合、週のうちになんどか設定のメンテナンスが必要です。

こまめにできる方は、取引があったかと思います。

私は、こまめにできなかったため、収益は0円でした。

 

果敢に攻める実験的口座では、今週も10万円を超えています。

大きなリスクはありますが、なかなか面白い運用をしています。

検証ですので、楽しみながら行っています。

 

攻める口座は、現状では設定のメンテナンスはいりませんので、ほったらかし運用です。

一定期間、下げて上がる相場が続けば入れ食い状態の取引となります。

そういう意味では魅力的な手法です。

 

 

日経225CFDの自動売買についての詳細は下記の記事をご覧ください

 

日経225CFDの手法説明

日経225CFDのトラリピ設定で自動売買

 

日経225CFDの自動売買の秘策

日経225CFDのトラリピ設定自動売買を無料EAで検証

 

 

よく読まれている記事
日経225CFD自動売買
スポンサーリンク
soraをフォローする
スポンサーリンク
たなぼたっち
タイトルとURLをコピーしました