商材購入でオリジナル豪華特典をプレゼント!特典の種類はこちら!

勝率の高いスキャルピング無料EAの活用方法

シークレット情報
スポンサーリンク

優秀なスキャルピング無料EAの裏技活用法

 

スキャルピングEAは昔も今も人気があります。

毎日のようにポジションを取り、毎日利益が出ているのを見ると気持ちのいいものです。

 

そんなスキャルピングEAですが、勝率の高い優秀そうなものが無料EAとして存在します。

口座縛りなく無料でダウンロードできます。

これを利用した裏技的な手法を後ほど紹介です。

 

まずは最近の成績から紹介します。

 

 

 

 

 

 

損益額に注目しないでくださいね(笑)

あくまでもこれから紹介する裏技的手法に利用するだけですので。

 

このように勝率は悪くないです。

ここでいう勝率はナンピンせずに勝っているものを言います。

 

 

そうです。

この無料EAの問題点は、逆行するポジションはナンピンして勝つ手法だということ。

両建てして片方をナンピンするわけではないです。

単独ポジションで勝負します。

 

もちろん、これを理解しバックテストをしっかり行い、自分が納得して、相応の資金をつぎ込んで実運用するのもありです。

 

今回は、そのような無料EAそのものを、そのまま使うのではなく、実際の自分のスキャルピングに使うということです。

ちょっと分かりづらくなりましたが、自分がスキャルピングを行う上での、シグナル(サイン)として使用するということです。

 

この無料のスキャルピングEAをデモ口座で走らせて、ポジションを取ったときに、自分も同じ方向にポジションを取ります。

わりと勝率高く勝てるところでエントリーしています。

夜だけの勝負ではなく、昼間もエントリーしていきます。

 

 

今では、ポジションを取ったとき、あるいは決済を行った時には、MT4からメールが届くように設定できます。

知らない方は、検索すればいろいろその設定方法は出てきます。

 

常時チャートを監視していなくても、EAがエントリーすればメールが届きますので、自分でポジションを取るのはそれから。

少し遅れるから不利になるのでは!?

という意見はあると思います。

 

しかし、統計を取ったわけではないですが、不利になるというより、有利になる方が多いように思います。

スキャルピング無料EAでは、ポジションを取っているが、実際に自分がポジションを取る段階では、少し逆行し、EAよりは有利にポジションが取れる可能性が多いということです。

 

ここで紹介するスキャルピングは、損切りはきちんと設定します。

よって、無料EAと同じようなナンピンは行いません。

 

リミットは、無料EAと同じ設定でいきます。

勝率を考えれば、同じ値のストップでもいいような感じです。

もうちょっとリスクが取れるなら取って見てもいいかもですね。

 

勝率がいい(ナンピンしないポジションのみの話)ということは、1回負けたら、次のエントリーロットを上げるという手法も取れます。

このあたりは、いろいろデモ口座で試していただき、応用を効かせれば面白い手法ができるかと思います。

 

勝率がよく、ほどよい量で毎日ポジションも取るという、いい感じの無料EAですが、ナンピンするという曲者だけに、無料EAのみの運用に腰が引けてしまいます。

やはり、ナンピンは口座破綻のリスクが伴います。

 

それを避けるために、自分のスキャルピング手法に使っちゃう!ってことで、このスキャルピング無料EAの使い道ができました!

 

応用方法は様々です。

 

自分が使う手法のサブサインとして!

これも面白いですね。

 

新たなスキャルピング手法の開発材料として!

どこでポジションを取るかなど、インジケーターを組み合わせたりして分析すると何か発見があるかもです。

 

現状では、無料でダウンロードでき、口座縛りなどの煩わしさもありません。

なにせ、無料公開のため、いつ無くなるかわかりません。

一応、ここでは期間限定?かもしれないとお伝えしておきます。

 

 

勝率の高いスキャルピング無料EAのダウンロード

このスキャルピング無料EAのダウンロード先など詳しい情報は、特典Fを手に入れると閲覧可能なシークレットブログに掲載しています。

 

特典Fとは?

シークレットブログとは?

 

シークレットブログとは、特典Fを手にされた方だけが閲覧できる様々な情報が公開されている秘密ブログです。

 

※「シークレットブログの内容」や「特典F」について、または「各種特典の手に入れ方」などは関係記事をお読みください。

 

ダウンロード先が知りたい方は、まずは上記のページをよくお読みください。

 

タイトルとURLをコピーしました