商材購入でオリジナル豪華特典をプレゼント!特典の種類はこちら!

日経225CFDで相場が下落したときの無料EA自動売買

日経225CFD自動売買
スポンサーリンク

日経225CFDの自動売買 下がって上がれば爆益

 

海外口座を開設しMT4で無料EAを稼働させ、日経225CFDの自動売買を行っています。

 

「下がれば必ず戻る」と言われている日経225を取引し、難しい手動設定の必要のないEAを使って自動売買を実施中。

 

 

100円間隔の攻める口座(攻めるA口座) 週間成績

 

100円間隔の攻める口座(攻めるA口座) 単位:円

週間成績

8,000

月間成績

8,000

年間成績

35,510

※2019年9月1日スタート

 

 

 

100円間隔の守る口座(守るB口座) 週間成績

 

100円間隔の守る口座(守るB口座) 単位:円

週間成績

7,000

月間成績

7,000

年間成績

18,000

※2019年9月1日スタート

 

いろいろ資金面で参考になる1週間でした。

もちろんもっと下げる相場もやってきます。

いろいろ想定して資金管理が必要です。

 

下げながらも一方的ではなかったため、下げながらの戻りでしっかりと利益を積み重ねています。

 

上記、攻める口座と守る口座の含み損と証拠金の比較です。

 

攻める口座

含み損 19,530円

証拠金  7,630円

 

守る口座

含み損  5,160円

証拠金  4,330円

 

このような違いです。

これが大きな下落相場になれば攻める方は大きなリスクを伴う理由となります。

資金管理は重要です。

 

 

50円間隔の果敢に攻める100lot実験口座 週間成績

 

50円間隔の果敢に攻める100lot実験口座 単位:円

週間成績

120,000

月間成績

120,000

年間成績

580,100

※2019年9月1日スタート

 

含み損 362,700円

証拠金 141,700円

 

含み損および証拠金も大きくなってきました。

このあたりでもいくらの資金が必要か考えることができます。

この週の下げ具合と過去の最大下げ具合を測りながら資金を考えなければいけません。

 

ロットは100。

これを10ロットで行えばリスクは10分の1.

必要資金もぐんと少なくて済みますし、利益も50円間隔で積み重ねることができます。

利益を考えるのも簡単で、上記の成績の10分の1です。

 

10ロットでは、

今週は、12,000円。

年間では、58,010円です。

 

100円間隔で攻める設定より、利益率は上をいきます。

こういった設定は、運用資金と相談です。

いろいろ試すことができるMT4で行う日経225CFDの自動売買です。

 

 

日経225CFDの自動売買は、先物で行うことをお勧めしていますが、現物で行うと実際どうなるのか、を机上の計算ではなく、実際に動かして検証しています。

現物は、マイナススワップが付きます。

それが、収益にどう影響するかですね。

 

JP225Cash現物の50円間隔の攻める実験口座 週間成績

JP225Cash現物の50円間隔の攻める実験口座 単位:円

週間成績

14,122

月間成績

14,122

年間成績

54,944

※2019年9月9日スタート 他より1週間遅れです。

 

この現物口座はポジションをたくさん保有中です。

よって、今後決済されない限り、マイナススワップが発生します。

そのあたりで、長い運用でどうなのか検証ですね。

 

 

 

今のところは、すべての口座で含み損や証拠金の心配なく運用できています。

 

 

 

 

日経225CFDの自動売買についての詳細は下記の記事をご覧ください

 

日経225CFDの手法説明

日経225CFDのトラリピ設定で自動売買

 

日経225CFDの自動売買の秘策

日経225CFDのトラリピ設定自動売買を無料EAで検証

 

 

よく読まれている記事
日経225CFD自動売買
スポンサーリンク
soraをフォローする
スポンサーリンク
たなぼたっち
タイトルとURLをコピーしました