ビットコインキャッシュが本当の仮想通貨 ビットコインは過去の遺物

スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)が爆上げ

現在、ビットコインキャッシュが上昇中です。

10月に3万円台だったのが、今では(本日11月13日)どんどん上昇し15万円を超えてきています。

 

一方でかつての英雄ビットコインは大暴落と言ってもいいでしょう。

数日前には、いよいよ90万円と世間ははやし立てていました。

そんな中、先日の一部報道では、5600ドル(約63万)まで下げるという見方も出ていましたが、本日で、すでに63万円近くまで一時下げました。

そこで底だとみて、買われて68万円まで戻しています。

 

ビットコインキャッシュは8月1日に行ったハードフォークで生まれた仮想通貨です。

 

ビットコインキャッシュの特徴

・取引量(1ブロックのサイズ)を従来の1MB(ビットコイン)から8MBに拡張

 

・ハッカーからの攻撃(リプレイアタック)に対する防御を強化

 

・ハードウォレットのセキュリティの向上

以上が大きな特徴です。

これがビットコインにはない大きなメリットです。

メリットがあるとなると、ビットコインはその逆で大きなデメリットを抱えている、抱えたままの仮想通貨となります。

 

特に、ビットコイン(BTC)の最大の欠点とされているスケーラビリティの問題を解決したのがビットコインキャッシュ(BCH)の最大の長所です。

 

仮想通貨は送金スピードが生命線です。

1MBのビットコインにおいては2、3日経過しても着金しないという事態が起きることが実際起こっています。

よって今では、着金に信頼がおけないビットコインは既に過去の遺物であり、ビットコインキャッシュが真のビットコインだという記事も見かけます。

 

本当の主力通貨(主力仮想通貨)をめぐって、完全に乗り換えの勢いが来ているかもしれません。

これは最近感じていた個人的感想です。

もちろん今後どうなるかはわかりません。

 

参考程度に頭の隅にでも入れておいて下さい。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" matched-content-ui-type="image_stacked"