1分足スキャルピングで勝つために見る時間足

Soraです。

スキャルピングの醍醐味は、想定したとおりに利益が乗りサクッと利食いする。

これにつきます。

その「想定したとおり」にエントリーするには、きちんとした『想定』をしなければいけません。

 

想定とは、売り目線なのか買い目線なのか。

売り有利で攻める相場か買い有利の相場か。

つまり相場分析のことです。

 

スポンサーリンク

FXは相場分析を徹底して臨むべし

相場を分析するには、やはり長い時間軸のチャートを見なければいけません。

取引は1分足でも、分析となると1分足チャートで出来るわけがありません。

「釈迦に説法」のお話かもしれませんが、わりと長い時間足のチャートを見ずに取引する方が多いため、改めて書かせていただきます。

 

私のスキャルピングの場合、4時間足と1時間足を横に並べてみます。

たくさんのインジケーターは表示させていません。

簡単に言えば、4時間足と1時間足の方向が同じなら、その方向でエントリーです。

 

1分足スキャルでは15分足チャートを横に表示

方向性が決まれば、今度は、15分足チャートで確認です。

4時間足と1時間足が示す方向に15分足が合っているのを見て、1分足チャートに表示させているインジケーターのサインに合わせて、エントリーと決済を繰り返します。

 

基本は、売り買い両方のエントリーはしません。

売り方向なら売りのみです。

 

1分足のスキャルピングの場合、5分足チャートを横に並列される場合も多いようですが、私は15分足をお勧めします。

ダマシも少なく、勝率が高いように思うからです。

 

一度、15分足を表示させて検証してみてください。