究極の1分足スキャルピングは勝率が命

Soraです。

勝負事で勝率は大事です。

FXのスキャルピングも勝率が悪ければ損切り貧乏となってしまいます。

 

その勝率を高めるためにも相場を見る目が重要となってきます。

前回の記事で、長い時間足を見て、15分足を確認するというお話をしました。

5分足チャートではなく、15分足を見るというのも、この勝率を高めるためのものです。

 

スポンサーリンク

スキャルピングで勝つために5分足は見ない方がいい

異論反論はあるかもしれません。

これは、私の手法ということでお許しください。

簡単にお話すれば、5分足には、過去、散々騙されました。

売りと思えば上昇し、買いと思えば下落する・・・。

誰しも経験のあることです。

それが、5分足を見なくなったとたん、勝率が高くなったんです。

5分足をまったく見なくなり、その代わりに、15分足を基本に据えるようになったからです。

 

損切りが激減した理由

今まで、当たり前のように5分足チャートを表示させていましたが、もうまったく見なくなりました。

もちろん、エントリーチャンスは減ります。

でも、その変わりに損切り回数が間違いなく激減しました。

それも、15分足チャートを基軸に据えたおかげです。

 

無理してチャートに張り付かない

4時間足と1時間足を見て流れが定まっていない状況なら、もうその日は、パソコンを閉じます。

4時間足と1時間足がそろっていても、15分足が定まっていないのなら、これも取引しません。

勝てそうなチャート表示のときのみ取引します。

ですので、1週間に1回のときもあれば、3回の時もあります。

大きなイベント待ちで動きそうにないときは、チャートさえ見ません。

 

ゆったりと構えていると勝てる相場が向こうから飛び込んできます。

精神論のようですが、今はそんな気がします。

ストレスの少ないFX取引がいいですね。