事前にFXのシナリオを描けるかが鍵

Soraです。

FXのエントリーの前に戦略的シナリオが描けないとFXという修羅場では勝ち残っていけません。

このシナリオを事前に描いていない場合が初心者の方に多いので、「そろそろ上昇するだろう」「もう下落するだろう」という単なる『だろう』エントリーになるわけです。

これはダメです。

自分が決めたポイントまで待てるか待てないか!

シナリオを描くとそのポイントまで待てます。

シナリオを描けないと、それが待てずにポジポジ病が発生してしまうわけです。

 

スポンサーリンク

相場のパターンを考え戦略的シナリオを作る

チャートを見て、上昇相場・下落相場・レンジ相場を見るのは皆さんやっているはずです。

それもしないようでは、論外です。

 

シナリオを立てるというのは、

ここまで下がったら買う。

ここまで上がったら売る。

 

もし、逆行したら、

ここで、損切りする。

 

利益が乗ったら、

ここで、利確する。

 

という一連の流れをエントリーする前に決めておくということです。

 

これは、リスクを最小限にすることでもあります

 

もっと下がる可能性があった(わかっていた)のに、買ってしまった。

だから大負けした。

というリスクを抑えることができます。

 

順張りであれば、押し目買い戻り売りの手法そのもののシナリオを描くわけです。

逆張りであれば、自分のルールのところでエントリーするわけですから、リスクを考え大きく逆行する前に損切り設定を決めておく。

利確ポイントもはっきり決めておく。

 

「ここまで下がったら」と決めたら必ずそれに従います。

 

どうしても人間は「欲」が出ます。

『ここから上昇してしまったらどうしよう。エントリーしなければ、もったいない。』

この感情が邪魔をします。

シナリオを作成したら絶対に従っていきます。

 

もし、そのシナリオの通り行かず、先ほどの部分から上昇してしまったらどうするか。

 

ここで、分析です。

どうしてそこから上昇に転じたのか?

ひょっとして何かを見落としていたかもしれません。

昨日の高値安値?

今週の高値安値?

ピボットライン?

指標発表と重なってない?

などいろいろ分析する必要があります。

 

分析後は、それを今後に活かします。

相場分析・シナリオ作成はこの繰り返しです。

 

誰でも最初は初心者。

すぐに上手にはいきません。

 

まあ、相場はどんなプロでも完璧は無いです。

一歩一歩進んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" matched-content-ui-type="image_stacked"