商材購入でオリジナル豪華特典をプレゼント!特典の種類はこちら!

固定費カットでお金を貯める節約術

お金・貯蓄
スポンサーリンク

固定費カットの節約術 これでお金が貯まる!

家賃(住宅ローン)や生命保険料、通信費など、毎月当たり前のように払っています。

これらはいわゆる「固定費」。

固定費なんて決まった額だから減らせる余地がないと思いこんでいませんか?

固定費を思い切ってカット(少なくする工夫)すればお金の節約の効果は絶大です。

固定費は必ず減らせます。

払っているものを書き出して是非見直してみましょう。

 

節約するのは食費や光熱費ですか!?

通常、家計の支出は2種類あります。

基本的に毎月の支払額が変わらない「固定費」と、使い方によって支払額が変わる「変動費」です。

 

節約するといえば、食費や光熱費が代表的です。

これももちろん一つの節約です。

 

でも、考えてみてください。

毎月の食費で1万円節約できるのか?

毎月の光熱費から1万円下げることができるのか?

 

なかなか難しいですね。

もちろん、10円100円1000円の節約は十分にできるでしょう。

でも、1万円規模となると難しいのが現実です。

 

実は、もっと効率的で効果の高い節約方法が固定費を見直すことなんです。

 

固定費を減らす方法はあるのか

「固定費」は、どの家庭でも毎月、同じ金額をただただ支払っています。

これは支払わなければいけない、減らすことなんてできないと思い込んでいます。

また、ちょっと減らしたいな・・・と思いながら、減らすため解約するための手続きなどが面倒でやっていない方々が実に多いです。

 

家賃や住宅ローンといった住居費は必要です。

支払わなければ生きていけないもの、支障をきたすものは最低限払わないといけません。

 

しかし、生命保険料や通信料・新聞代などは、なくても何とか生活できます。

全てなくすことはしなくても、減らす工夫はできます。

 

極端な話、携帯電話をほとんど使わないなら、思い切って解約してもいいわけです。

 

今加入している生命保険をチェックして、ムダがあれば保障を減らす。

他にもっと保険料の安い生命保険があれば入り直す。

生命保険から医療保険などの月々の支払いが安い分野に切り替える。

住宅ローンの特約や現在の資産を考えて、生命保険を思い切って解約する。

 

通信費なら、使っていない無駄な契約がないかをチェックする。

携帯の番号が変わってもいいから新規契約する。

もっと安くなるプランがないか窓口で問い合わせる。

 

もしアパートの場合、帰って寝るだけの部屋になっているなら、もっと安い家賃の物件を探す。

ほとんど車に乗らないなら手放す。

 

ざっと挙げてもこれくらいあります。

これらの節約方法を是非考えてみてください。

固定費というのは、無駄な契約が多いものです。


 

固定費削減のコツを伝授

家賃を見直す視点

独り暮らしには広すぎる間取り。

立地にこだわりすぎている。

自分の収入に合わない高額な家賃。

ほとんど乗らない車の駐車場代。

 

住宅ローンを見直す視点

借り換えをすると月々の支払いが少なくなる。

繰り上げ返済を上手に利用する。

 

生命保険を見直す視点

セールスマンの言いなりで加入している場合は保障内容を見直す。

時がたてば不要な保障内容もあります。

充実した保障といいますが、充実すぎる保障内容ではないですか。

 

通信費を見直す視点

通信費もここでは固定費とさせていただきます。

携帯の使い方を考えて契約内容を見直します。

もし何年も契約プランの見直しをしたことがない場合などは一度携帯電話販売店の窓口で相談。

家族全員でスマホの使い方を見直す。

 

以上のような内容のものだけでも節約効果は十分にあります。

 

食費などの節約に比べれば、桁が違う節約術です。

1万や2万は違ってきます。

もし、月々3万円の生命保険を解約するなら、3万円の貯金がこれからできます。

 

思いきることは難しいですが、思い切って削減すればその後の効果はずっと継続します。

固定費の見直しを是非考えてみてください。

 

よく読まれている記事
お金・貯蓄
スポンサーリンク
soraをフォローする
スポンサーリンク
たなぼたっち