FX完全無裁量の新ロジック 資金管理で勝つ手法

スポンサーリンク

裁量なしのFXトレード 資金管理で勝ち進む手法

またまた、新しいFX手法を検証していきます。

 

現在、完全無裁量で予想する必要もないデイトレ手法(特典C)を公開していますが、その検証と合わせて手ごたえを感じてきていた新手法もリアル口座で検証していこうと思います。

 

FXで勝ち残っていくには、どうしても、裁量が必要です。

それは、長年勝ち続けるEAが無いことが証明しています。

※最近、若干その常識を覆しそうなEAが出てきているような感じもしますが・・・。

 まあ、それは別の機会にしまして。

 

そんな裁量判断が必要なFXに対し、あるデータを使うことによって、上手に負けながら資金管理をしてきちんと勝っていける手法をここ数年考えてきました。

その一つが、完全無裁量のデイトレ手法(特典C)ですし、今回の新しいロジックでもあります。

 

さて、その新ロジックですが、

これも、あるデータを利用します。

しかし、特典Cで確認するデータとはまったく異なります。

 

ロジック的には、複数の通貨でもいけそうな感じですが、とりあえず、1通貨でチャレンジです。

 

裏技のようなものではありません。

新手法の概念の基本は、昔から言われてきているものを、システムトレードとして機械的に行い、ストップとリミットの値をきちんと計算し、破たんしないように資金管理をして週単位、月単位、年単位で勝っていくものとなります。

もちろん、ナンピンやマーチンのようなことはやりません。

 

ストップとリミットを含めた注文を出すだけです。

トレード中は、チャートを監視することもありません。

特典Cにおいても、活用している「時間指定」の注文も使います。

 

外為どっとコムかヒロセ通商か

よって、使用する業者は、外為どっとコムかヒロセ通商となります。

今も、このブログを書きながら、どっちにしようか迷っているところです。

以前、スプレッドの事で、「ヒロセ通商の方が朝の場合に広がりすぎている」ということを記事にしました。

それで、特典Cの場合、時間指定を使う場合は、外為どっとコムをお勧めしてきました。

ですので、今回の検証も、スプレッドを考えると、外為どっとコムでしょうか。

 

ヒロセ通商もせっかく口座を開設したので使いたいところですが・・・。

もちろん、MT4を使って時間指定の注文ができるEAなどを駆使し、海外口座でも可能は可能です。

 

この新ロジックは、特典Cのようなデータを見ただけでは、トレードはできません。

 

買いや売りで注文を出す値

ストップとリミットの値

資金に応じたロット

 

などをきちんと導き出さないといけません。

これは計算が必要となります。

今はエクセルなどもありますし、慣れれば大丈夫でしょう。

 

過去の検証では、連敗もよくあります。

その連敗にもへこたれない資金管理が重要です。

 

今回は、10万円の資金からのスタートしようと思います。

もちろん、1000通貨単位での取引となります。

 

「完全無裁量の資金管理で勝つFX手法」と今のところはしましょうか。

 

もちろん、いくら資金管理が重要と言っても、負けてばかりだと手法としては成り立ちませんので、その辺は今後の成績に注目してみてください。

 

私は、こういった検証が大好きな人間です。

本当は、デモ口座で練習!

というのが、FXの基本ですが、長年やってますので、デモだとどうしても、「気持ち」が違ってしまいます。

悪い表現で言うと、「いい加減」なトレードをしてしまうところがあります。

ですので、私自身は、ある程度手ごたえを感じた手法なら、リアルな口座で運用をしています。

 

もちろん、それを勧めているわけではありませんので誤解なさらないように!

念のため書きますと、FXの練習の基本は「デモ口座」です!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" matched-content-ui-type="image_stacked"