ブログの下書き・編集にベストなソフト

新しいことを始めて四苦八苦している sora です。

新しいことと言うのはこのブログです。

過去は無料ブログ専門でした。

で、今現在、レンタルサーバーを借り、独自ドメインを取得し、2017年、この「たなぼたっち」で、華々しくデビューいたしました。

詳しくはこちらプロフィールにて

soraのプロフィール
たなぼたっちの sora と申します。 信号機もないド田舎で生まれ育ちました。 今では、そんな田舎にも信号機もあり、コンビニまであり...

ブログ記事というのは、

ブログ記事の内容構想、下書き、編集、確認、投稿(公開)という手順をふみます。

過去、無料ブログ時代には、オンラインにて無料ブログ上に記事を記入し、そのまま投稿したりしていました。

しかし、この行為は自殺行為と同じで、投稿クリックで素直に投稿されればなんの問題もおきません。

しかし、つながり状況が悪く、投稿したはずの記事が投稿されていない!その書いた記事すらぶっ飛んで消えている!

なんてことは珍しくない話で、何度、パソコンを叩こうと思ったことか・・。

そんなこんなで、下書きを別ソフト(ツール)にて行うようになりました。

特に今は、WordPress(ワードプレス)を使っています。

WordPressは、ブログを作成するために開発され無料で提供されているブログシステムです。

そのWordPressの投稿画面を開き、記事を書き公開(投稿)するわけですが、これも、オンライン上の話ですので、先程と同じことが起きる可能性はあります。

やはり、下書きを別ソフトでする必要があります。

ブログ 下書き 編集 ソフトなんて検索すると、Windows Live Writer とよく出てきます。

しかし、残念ながらもうダウンロードできません。後継として公開された、Open Live Writerというのがあります。

これは記事を書いていて反応が鈍くちょっとしたストレスがあります。

このようなサービスは、更新が終了し使えなくなる可能性があります。

もちろん、今でも多くのブロガーが利用し使っているのは事実ですが、将来の不安も大きいです。

そこで、

スポンサーリンク

堂々登場するのがMicrosoft社のWordです。

今や、Wordでブログ記事を作成し直接WordPressに投稿することができます。

おそらくWord2007以降からのものでしたら、「ブログの投稿」というテンプレートがあり、WordPressと連携させておくことでそれが実現可能です。

さすが、Microsoft社ですね。

欠点はもちろんあります。

大きなところでは、HTMLタグを直接編集できないことと、どんなページになるかプレビューを直接は見れないところです。

でも、手順としては、実際はそのままWordから直接投稿することはしません。

やはり確認は必要です。

下書きとして投稿し、WordPressにて確認と手直しをして投稿するのが現実的ですので、上記のデメリットはあまり気にはなりません。

それよりもメリットの方が大きいです。

天下のWordですので、ビジネスなどで使っている方が多いのも事実で操作方法に悩むことも少ないと思います。

また、文章の校正機能も素晴らしいです。

誤字脱字は一発でわかりますので、安心して記事作成に集中できます。

また、オフラインで作業が可能なのが大きな利点です。

ブログ記事は、普通の働くサラリーマンであれば、家に帰って書いていては、時間がもったいないです。少なくとも私はそう思っています。

移動時間の電車・新幹線やカフェなどで気軽にwordを立ち上げ作成ができます。

もちろん、Windows Live WriterとOpen Live Writerを否定はしません。下書き上においていろいろ装飾ができるのが大きな利点ですので、利用価値は十分にあります。

自分にとって使い勝手のいいもの、それが1番です。

ブログでの情報発信を一緒に楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" matched-content-ui-type="image_stacked"